武者烈伝・零外伝 隼の章
兄の死を受け、摩亜屈の名を継いだ衛有吾。
その名を汚さぬよう、修練に励む摩亜屈にある日、一つの報が届く。 
戻る
あとがき

暗黒武者軍団との戦いの最中、烈火武者頑駄無がその命を散らせた。
悲しみに暮れる間も無く立ち上がる烈丸達の前に影が立塞がる。
武者烈伝・外伝 童の章

刃斬武の反乱から、その後の天宮。
そこへ再び現れた戦乱の兆し。
新たな戦いが始まろうとしていた。
後乃武者烈伝 「天突轟雷編」
inserted by FC2 system